先生

治療方法の知識を深めよう

頬を触る人

シミというのは紫外線を浴びてメラニン色素が沈着することが原因で生じる肌トラブルの1種です。こうしたシミを除去したい人は美容整形クリニックに行って治療を受けることがおすすめです。ここでは美容整形クリニックで行われる治療方法について理解を深めていきましょう。まず最も代表的なシミ取り方法としてレーザー治療があります。これは黒と茶色の色素にだけ反応するQスイッチYAGレーザーやQスイッチアレキサントライトレーザーなどの専用のレーザー装置を使ってシミを除去するというものです。シミの原因であるメラニン色素だけを破壊して他の皮膚細胞は一切傷つけません。また、レーザーを照射するだけなので痛みを伴うことはなく、患部が温かく感じるくらいです。効果が実感できるのはおよそ1ヶ月程度かかります。これは肌のターンオーバーが関係しています。肌が新しく生まれ変わるのに28日間かかりますので、レーザーの効果が完全に現れはじめるのはこの期間以降です。照射範囲が広いので大きいシミやシミが点在している場合などに有効的な治療と言えるでしょう。費用の相場としては、シミのサイズによって異なりますが、5ミリ程度であれば10000円から20000円になります。近年は炭酸ガスレーザーという新しいシミ取りも登場しています。これは主にシミの中でも盛り上がったシミに効果のあるレーザーで、炭酸ガスを媒介した高出力パルス波を照射して皮膚組織を蒸散させることでシミを削り取るというものです。別名としてレーザーメスとも言われています。また、フォトフェイシャルあるいはフォトRFオーロラというシミ取り方法もあります。これは専用の光を照射して肌表面に意図的に軽いダメージを与えて、肌のターンオーバーを促進させるというものです。新しい皮膚細胞が古い皮膚細胞に取って代わってシミが解消されます。即効性が高いのがメリットです。光がマイルドなので肌にダメージを与えることはほとんどありませんが、施術後は肌が乾燥しやすくなります。しっかりと肌の保湿ケアをしてあげましょう。注意点としては、薄いシミには効果がとても高いですが、肌の真皮層にまで深く入り込んでいるシミは落とすのが難しいことが挙げられます。費用の相場は1回あたり20000円から30000円程度です。さらに、美容点滴も広く行われているシミ取りです。これは通常の点滴とは異なって、シミの原因の1つである肌の酸化を防止する役割を持っているプラセンタエキス、グルタチオン、ビタミンCを注入するというものです。これらの成分には高い抗酸化作用や肌の新陳代謝を促進させる作用があります。それを直接血管に注入するので、成分が高濃度のまま身体の全身に行き渡ります。特定の部位というよりも身体全体のシミを消したいという人におすすめします。点滴と聞くと長い時間がかかると思われるかもしれませんが、所要時間は30分程度です。費用の相場は1回あたり10000円前後になります。このように美容整形クリニックにはさまざまな治療方法がありますが、その特徴を把握した上で選ぶようにしましょう。