先生

予算と症状と希望から選択

ナース

他人からすれば、自分が考えるほど気にしていないことも多い素肌のシミですが、当の本人からすれば、やはり気になるものです。その場合はシミ取り治療を受けるのが良く、自分の症状や希望に則したクリニックを選びましょう。そこで基本となるのが、美容皮膚科を選ぶことです。一般皮膚科でも対応してくれますが、餅は餅屋ですから、美容医療に長けている専門医の所へ訪れましょう。現在では美容皮膚科を併設している美容整形外科も数々ありますので、そちらをチェックするのも、自分に適したクリニックを探す場合に有効です。シミ取り医療は原則的に自由診療となるため、費用は個々のクリニックで幅があります。ですから資金の都合がある時は、自分の予算に合った通院先を選ぶのも欠かせません。とはいえ費用を優先して、満足できる治療が受けられなければ意味も薄れますので、相場からかけ離れた激安料金の所は控えた方が良いでしょう。安い価格は人を惹き付けるのに十分な魅力を持っていますが、それなりに高い料金を設定しているクリニックは、価格に見合う仕上がりを提供している傾向があります。治療に対して自信がある表れとも呼べますから、予算が許す範囲内で技術や実績が伴うクリニックを選びましょう。そのポイントになるのが、シミ取り治療の種類です。美容整形外科や美容皮膚科では多彩なシミ取り治療が行われているため、自分の希望に合った治療方法を選び、それを提供するクリニックを探してください。例えば、時間が掛かっても飲み薬だけで治したい場合は、内服治療に定評があるクリニックを選びます。外用薬で改善を目指すこともできますので、その希望がある際も同様です。しかし、効果的にシミを取りたい時は、レーザー治療が受けられるクリニックを探しましょう。レーザー治療の専門クリニックもありますから、今ではとても探しやすくなっています。レーザーは狙った場所のシミをピンポイントで治療できるため、老人シミとも呼ばれる一般的なシミを改善するなら、レーザー治療に優れたクリニックを選択しましょう。そのほか、全体的に広がったシミを取りたい時は、光治療に注力している美容クリニックが適切です。光治療にはライムライトやフォトRFなど、複数の種類があります。広範囲に光エネルギーを照射するほか、レーザーより痛みが少ないのも特徴です。ですから、痛みはできるだけ少ない方が有り難いという場合なら、光治療を視野に入れるのが良いでしょう。さらに光治療はシミ取り以外でも、赤みや毛穴の開き対策など、幅広い美肌効果が期待できるため、トータルで素肌のトラブルを解消したい人にもピッタリです。また、光治療と共にレーザー照射も合わせて行えますから、全体的な治療に取り組みつつ、気になるシミをピンポイントで治したい時は、複合治療に対応するクリニックを探してください。一方、皮膚に疾患があるなど、何らかの理由でレーザー治療などが受けられない時は、高濃度の美容ビタミン点滴や、トラネキサム酸などの美白成分を配合した、注射タイプのシミ取り治療を行うクリニックを選ぶのも得策です。